脳卒中とは

脳卒中の各疾患について、動画を用いてわかりやすく解説します。
脳梗塞
脳梗塞とは、脳の血管が狭くなったり詰まったりすることで、その先に血液が流れなくなるために、脳の細胞や組織が壊死してしまうこと。従来、脳血栓と脳塞栓に分類されてきたが、近年では発症原因により、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症、ラクナ梗塞に分けられることが多い。
アテローム血栓性脳梗塞
アテロームとは"粥状硬化"の意味。脳や頸部の太い血管で動脈硬化が進行すると、血管が狭くなり、血栓が形成されて詰まったり、そこから剥がれた血栓がその先の血管を詰まらせたりすることで生じる。日本人でもこのタイプが増加してきている。
心原性脳塞栓症
心原性脳塞栓症とは、心房細動などにより心臓にできた血栓が、突然、血液の流れにのって脳まで達し、脳動脈をふさいでしまうことにより生じる。
ラクナ梗塞
ラクナとは"小さな穴"を意味する。脳の細い血管(穿通枝)が詰まることで起こる。従来、日本人に多いタイプであったが、その比率は減少しつつある。
脳出血
持続する高血圧が主な原因となり、脳内の血管が破れて出血を来たす。出血は血腫となって、脳を圧迫するため、様々な症状が出現する。出血の程度により、手足のしびれやふらつきといった軽度なものから、生命に関わる重症のものまで様々な症状が見られる。
クモ膜下出血
脳と脳を覆うクモ膜の間にできた動脈瘤が破裂することにより、クモ膜下腔に出血が広がる。脳底部で脳動脈が枝分かれする部分(ウィリス動脈輪)などに発生する動脈瘤が破裂することにより発生する。突然の激しい頭痛、嘔吐などが起こり、意識不明となることも多い。脳卒中の中で最も生命に対するリスクの高い疾患。